JA京都中央
JAsTv
{XExXꗗ\
ƈē
L
sЉ
fBXN[W[
Sɂ߂
NW
₢
vCoV[|V[
gimF̂肢
ЉI͊{j
琬x΍i@sv
ʏł̎戵ɂ‚
[ůTviMpj
[ůTviϕj
z[y[W^c|V[
TCg}bv
JA|CgT[rX

JAlbg[

JAlbgoN

܂݂̂ȂJAoN

i`̔_ƌoc

Z~ւ̎g

JAs̋

JAs̋؃Vs

oσZ^[|[g

˂de

 
JA京都中央の京野菜
京野菜一覧

えびいも

えびいも

安永年間(1772~1781)青蓮院宮が九州長崎から持ち帰られた芋を託されて栽培したところ、エビの形に似た大型の芋ができ、青蓮院宮が『えびいも』と名付けられました。

詳細を見る

みず菜

みず菜

みず菜の歴史は古く、栽培開始当時は京都西南部の東寺・九条周辺で栽培されていました。当時の文献には肥料を用いず、畝間に水を入れるだけでも良好に生育、収穫ができたことから「水入菜」と呼ばれ、のちに「みず菜」になりました。

詳細を見る

京野菜一覧

壬生菜

壬生菜

1683年の書物の記載によると、水に恵まれ有機物の堆積が多かった京都西南部の壬生、南部の東寺・九条付近で良質のものが収穫できたと伝えられています。現在、京都中央管内では羽束師・大原野地域を中心に栽培されています。

詳細を見る

九条ねぎ

九条ねぎ

現在から1300年ほど前の和銅4年に京都(現在の伏見区深草の地)で栽培されており、原種は浪速(現在の大阪市)からの由来とされています。

詳細を見る

京野菜一覧

花菜

花菜

専ら油を絞るセイヨウナタネに属するのではなく、平安時代から栽培された在来ナタネに属する。伏見、桃山で切り花用として栽培されていたものが食用に改良され、現在の「花菜」となっている。

詳細を見る

つまみ菜

つまみ菜

管内の栽培面積は非常に少ないですが、一風変わった作物として紹介します。つまみ菜は大根の発芽直後の状態のものを収穫し出荷する作物で、当管内では淀地域で栽培されています。

詳細を見る

京野菜一覧

シソ

シソ

管内では特に大原地域を中心に栽培が盛んで、同地域の特産品にもなっており、数多くの加工品が存在しますが,従来より漬け物への利用がもっとも多くなっています。

詳細を見る

京都茄子

京都茄子

管内でも広く栽培がされていますが,毎年ナスの立毛(栽培姿)品評会が開催されている乙訓地域において栽培が盛んで、毎年660トンの出荷があります。

詳細を見る

京野菜一覧

春キャベツ

春キャベツ

洛南地域において栽培されているキャベツで、毎年春季に共販出荷が行われており、その数は4万5千ケースにのぼります。

詳細を見る

レタス

レタス

向島地域において栽培されているレタスで、春季の4月上旬から5月下旬に主に出荷されています。

詳細を見る

京たけのこ

京たけのこ

農家が栽培した野菜などの農畜産物をJAが買い取って加工・販売する事業です。JA京都中央ではタケノコの大産地をひかえ、タケノコ生産農家の下支えを目的に加工を手掛けています。

詳細を見る

その他

その他

京野菜一覧
Copyright (C) 2006- JA KYOTO CHUO.All Rights Reserved.