JA京都中央概要About JA

JA京都中央について

平成30年度の運営基本方針

基本方針

「健全経営」「組合員主体の運営」の基本理念のもと第7次経営刷新3ヵ年計画の実践を通し、「食と農を基軸に地域に根ざした協同組合」の力で農業と地域を豊かにしていくことを目的に、次の事項を基本方向として、正組合員はもとより准組合員および地域住民との結びつきを強化し、JA事業を通じた協同組合活動によりその実現を図ります。

  1. 将来とも継続する元気な地域農業の構築
    マーケットインを基本とした販売力の強化と担い手の育成、地域農業支援プランの実践による営農経済事業の体制強化を図ります。また、農業所得向上に向けての対策や土地の有効利用・相続対策等の都市農業対策の政策確立に向けて取り組みます。
  2. 協同の力で地域の活性化
    支店を核としたくらしの活動の充実・強化による地域に密着した支店運営を実践し、営農者会や女性部組織と連携して地域の活性化と豊かなくらしの実現に取り組みます。また、JA女性組織の活性化や女性の活躍支援に取り組むとともに、教育文化活動ならびに地域貢献活動の充実・強化に取り組みます。
  3. JAの活動を支える組織基盤の強化
    組織基盤の強化に向けた基盤充実のため、営農者会からのJA運営への参画による担い手の意向を踏まえた事業運営ならびに組合員をはじめ准組合員・地域住民の意向を踏まえた事業運営に努め、組合員をはじめとする地域住民とのつながりの強化に取り組みます。また、企画管理機能の整備・強化を進めるとともに、PDCAサイクルを活用した事業進捗管理を確立し、財務基盤の拡充に取り組みます。
  4. 農業・JAへの地域住民・利用者の理解の醸成
    組合員をはじめ地域住民・利用者に向け、地域農業やJAの活動を幅 広く情報発信していくことはもとより、従来の広報活動と合わせ、地域に密着した准組合員・地域住民向け広報活動の展開により地域農業とJAへの理解の醸成に取り組みます。
    准組合員向けの広報誌の作成、ホームページのリニューアル

利益相反管理方針の概要

組織機構図

名称

京都中央農業協同組合
(JA京都中央)

代表者

代表理事組合長 
冨阪 裕一

本店所在地 〒617-0826
京都府長岡京市開田4丁目14番8号
総務企画部
Tel:075-955-8571  Fax:075-955-3491
信用部
Tel:075-955-8572  Fax:075-955-3492
共済部
Tel:075-955-8573  Fax:075-955-3493
経済部
Tel:075-955-8574  Fax:075-955-3494
組合員数

正組合員

4,652人

准組合員

16,205人

合  計

20,857人

(平成30年3月31日現在)

役職員数

役員

26人

職員

265人

(平成30年3月31日現在)

主な事業量

出資金

22億3,046万円

貯金

2,464億8,278万円

貸出金

501億 271万円

購買品供給高

12億7,119万円

販売品取扱高

8億3,706万円

長期共済保有契約高

5,330億2,140万円

(平成30年3月31日現在)