JA京都中央概要About JA

事業案内

JAは、お互いに助け合って(相互扶助)農業生産や農産物の販売、生命や生活・財産を守って、より良い社会を作ろうと組織した協同組合です。
このためJAでは、数多くの事業に取り組んでいます。

営農・販売事業

消費者の信頼が得られる安全・安心な食料を供給するため、農家からの営農相談をうけるほか、トレーサビリティ(生産履歴)の記帳を徹底するとともに、新しい作物や京野菜の安定供給と生産拡大に努めています。

購買事業

農業に必要な肥料・農薬・飼料・農機具などの農業生産に必要な生産資材はもとより、自動車・お米などの生活に必要な日用品を取り扱っています。

事業センター事業

1人ひとりの農家が設備投資をすることは、費用や労力がかかるため、JAが「共同」の大きな施設をつくり、地域の農家が利用料を払って利用できるようにしています。
ライスセンター、育苗センター、コンポステーションなどの事業がこれに当ります。

信用事業

信用事業は、貯金、融資、為替などいわゆる銀行業務といわれる内容の業務を行っており、全国のJAグループがまとまった信用事業の総称を「JAバンク」と呼びます。
また、利用者の皆様に「安心」と「安全」を提供できるようJA・信連・農林中金の力を結集した「JAバンクシステム」を確立しており、大きな力を発揮しています。

詳しくはこちら

共済事業

保険のことをJAでは「共済」といい、共済事業は、皆様の大切な財産をお守りする事業です。「ひと・いえ・くるま」の総合保障の各商品を取り揃え、JA共済がお守りします。

詳しくはこちら